パワハラ(パワーハラスメント)、セクハラ(セクシュアルハラスメント)、コンプライアンス、メンタルヘルス対策、電話相談などのトータルな支援サービスをご提供いたします。

パワーハラスメント

パワーハラスメント防止研修

2001年に「パワーハラスメント」という言葉を創り、先駆的にパワーハラスメント問題を調査・研究してきた弊社のノウハウを、豊富に盛り込んだ研修プログラムです。経験豊富な専任講師が実施いたします。
数多くの企業組織での研修実績から、基本プログラムのほかに、ご要望に応じてカリキュラムのカスタマイズも承りますので、お気軽にご相談ください。

特色

  • 企業での実務経験が豊富な専任講師陣が担当
  • 数多くの企業組織での研修実績を基に、洗練されたプログラム内容を展開
  • 豊富な相談実績から、演習やケース検討を盛り込んで具体的に学習
  • パワーハラスメントの判断基準や、パワーハラスメントと部下指導の違いなど、実務に役立つ研修内容
  • 相談窓口やeラーニングなど、集合研修以外のハラスメント対策総合コンサルティングへの展開が可能

パワーハラスメント防止研修 プログラム例

相談

パワーハラスメント・セクハラほっとライン~経験豊富な社外窓口~

弊社が全国で初めて開設した電話による「公開パワーハラスメント相談」には、たくさんのご相談をいただきました。その相談活動の中で培ったパワハラ相談のノウハウを、社外相談窓口として活かしています。電話・ メールによる受付でセクハラ相談と合わせて、ご利用いただけるサービスです。

受付形態 電話(月~土:14時~21時)
メール(24時間:但し対応は翌営業日中)
受付対象者 従業員(派遣・契約等を含む)
相談受付者 産業カウンセラー、臨床心理士
専門相談 社会保険労務士、心療内科医、産業医

特色

  • 20年近いメンタルヘルス相談の経験を活かした、丁寧な関わり方
  • 公開パワハラ相談の実績を反映した相談活動
  • 弊社のパワハラコンサルティングをご利用いただけば、その結果から得られた貴社固有のパワハラ対策とリンクした相談活動が可能
  • 弁護士、心療内科医、社労士など、有資格者によるバックアップ体制
  • 完全プライバシー保護、セキュリティ管理の徹底(プライバシーマーク取得)
  • 必要に応じて、事実確認ヒアリングのためのカウンセラーを派遣(別料金)
職場のヘルプライン~公益通報者保護法に対応~

コンプライアンスやハラスメントの問題は、放置すれば企業の存続に関わる大問題に発展するため、できるだけ早く現場の「声」をキャッチし、対策を講じることが重要です。
当窓口は従業員の身の回りで起こる、 あらゆる事柄を受け付ける相談窓口です。重大な問題になる前にご相談いただくことで、 早期の対応・解決につなぐことができます。

受付形態 電話(月~土:14時~21時)
メール(24時間:但し対応は翌営業日中)
受付対象者 従業員(派遣・契約等を含む)
通報受付者 産業カウンセラー
アドバイザー 弁護士、社会保険労務士

特色

  • コンプライアンス、パワハラ、セクハラなど職場の諸問題をひとつの窓口で受付
  • 月次報告書に加え、会社対応の必要性に応じて、翌営業日中に、実名・匿名で報告
  • 「公益通報者保護法」に則り、会社対応について報復行為の有無の確認
  • 完全プライバシー保護、セキュリティ管理の徹底を図った相談体制 (プライバシーマーク取得)
  • 弁護士、キャリアコンサルタント、社労士、産業カウンセラーなど、有資格者による相談体制を完備
  • 「法」のレベル以前の問題もキャッチ。より重大な問題に至る前段階の問題発見が可能
  • 社内案件に対し、ご担当者へのサポート体制の充実