社外相談窓口

ハラスメントの予防と対策サービスその他サービス

その他サービス

職場アンケート(ハラスメント実態調査)

組織環境の実態把握をすることは、ハラスメント対策の基本方針を決定するために大変有効です。現場の生の声を、アンケート調査によりしっかりと施策に結びつけることで、画一的ではない、それぞれの企業組織にマッチしたハラスメント対策が可能になります。また、会社としての真摯な取り組み姿勢を、従業員にアピールすることができます。

職場アンケートの目的

ハラスメントに関する職場環境の現状把握(定点観測)

意識ギャップや、職場状況の分析をふまえ、より効果的なハラスメント防止策の検討が可能になります。定期的に組織環境を調査することで、施策の効果や自社の問題発生傾向を把握します。

こうした課題をお持ちの企業様にお勧めしています。

  • 従業員がハラスメント、メンタルヘルスについて深刻な問題を抱え込んでいないか心配だ。
  • ハラスメント対策に取り組む必要性を、社内(経営層や管理職層など)で再確認したい。
  • ハラスメント問題発生の原因となるような状況がないか調査し組織傾向をつかみたい。

ハラスメント発生の実態把握

セクハラやパワハラの「発生実態」を属性別に把握し集団分析することにより、課題を可視化し具体策を講じることができます。具体的な問題発生が想定できる場合に、質問項目を調整し調査することで実態に近づきます。

更に、実態を明らかにするためには、問題となる集団メンバーに対するヒアリング面談を実施します。

こうした課題をお持ちの企業様にお勧めしています。

  • 単なる実態把握ではなく、一歩踏み込んで職員層ごとに効果的なハラスメント防止策を検討していきたい。
  • 離職率が上昇したり健康不調者が増えるなど、放置するリスクがうかがえるものの、組織環境の実態が見えてこない。
  • ストレスチェック後の集団分析の結果、一部に問題がうかがえるため、更にテーマを絞った調査を実施したい。

ヒアリング代行サービス

弊社ヒアリング代行サービスの特長

職場にハラスメントやコンプライアンスの問題が生じた際は、事実の正確な把握と迅速な対応が求められます。問題の発生は予測不能であるため、社内担当部署の態勢がいつも万全とは限りません。また、事実の正確な把握(聴き取り)に必要不可欠な客観的視点や態度を社内の立場で保つこと自体、難しい場合も多いでしょう。 弊社の調査員(ヒアラー)は、弊社相談窓口の相談員かつ企業勤務経験者です。カウンセリングマインドをもってヒアリング対象者個人と向き合うことはもちろん、組織風土や事案の背景を把握した上であくまで事実に焦点をあて、クライアント企業や組織が適切な対応を行うにあたって必要な情報を聴取し、報告いたします。

どんな時に?

<職場アンケート後の実態把握を進めたい>

  • 書面だけでは把握しきれない課題について、従業員の生の声を聴きたい
  • 高ストレス状態にある集団のメンバー個々の状況を確認したい
  • 集団分析してみると、特定の部署に問題がうかがえるため、更に実態を把握したい

<ハラスメント通報があった>

  • 関係者が多数おり社内担当部署だけでは、タイムリーな聴取が難しいとき
  • 関係者に対して、社内担当部署が客観的立場をとりづらいとき
  • 申立者あるいは行為者が、第三者機関の介入を望むとき

ヒアリングのフロー

  1. お問合せ 案件概要の確認
  2. お見積り
  3. 事前打合せ
  4. ヒアリングの実施
  5. ヒアリング結果報告

ヒアリングのフロー

行為者行動変容プログラム

~自己への気づきと行動変革ワークショップ~

パワハラ行為者向けに

“パワハラ行為者”といわれる人たちは、たいていの場合、問題認識に乏しく、会社の対応に不満を抱いています。そのため懲戒処分や厳重注意をしただけでは、問題行動の改善につながらないばかりか、不信感が生じて能力発揮を損ねかねません。パワハラの行為者は、仕事熱心で能力の高い人材も多く、罰すべき点は罰することは大前提として再スタートの機会を与えることも重要です。

新たなマネジメント研修をお探しのときに

経営層や管理職になると、他者に指摘されることもなくなり自分のマネジメントスタイルを見直す機会も減っていきます。パワハラを防止し生産性の高いチームマネジメントを実現するために、これまでのマネジメント研修とは異なる切口で、前向きなプログラムとして導入することも一案です。

グループでの実施は行動変容ワークショップ(グループ版)をお問合せ下さい

プログラムの特徴

本プログラムでは、パワハラ問題を熟知したベテランファシリテーターが参加者の心情をしっかりと受け止め、問題行動に至った背景や情報を客観的に把握することにより、行動変革への動機づけが可能になります。参加者の状況に合わせて行動変容の3つのアプローチ(考え、気持ち、行動)を柔軟に適用し、自然に行動変容へ導きます。

プログラムの進め方

  • 1.上司、担当者との事前打ち合わせ
  • 2.本人のプログラム参加 計3回
  • 3.上司、担当者への報告、他

これまでの参加者・ご担当者の声

  • これまで業務でいろいろなセミナーを受けたが、このような自分自身を見つめるプログラムは初めてで、とても役立った(参加者)
  • 内なるものを吐き出し、じっくり聞いてもらうことで、自分について考えることができた(参加者)
  • ロール・プレイで部下との対話の映像を見せられ、自分はこんな風に部下に接していたのかとぞっとした(参加者)
  • 会社では頑張っているが、ここでは本音で話せるので心理的にとても楽になった(参加者)
  • プログラム参加後の本人の周囲への対応がまったく変わった。何が起きたのか、できれば自分も受けてみたい(担当者)

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

他のサービスはこちら

  • セクハラ対策

    セクハラ対策

    男女雇用機会均等法が施行されて以来、セクハラ(セクシャルハラスメント)に関する知識は教育研修等でかなり浸透していると思われますが…

  • パワーハラスメント対策

    パワーハラスメント対策

    2001年にパワーハラスメントということばを弊社が考案し提唱して以来、その概念が日常に浸透する一方で、パワハラ(パワーハラスメント)…

  • マタハラ・ケアハラ対策

    マタハラ・ケアハラ対策

    2017年の法改正により、マタニティハラスメント、およびケアハラスメントの防止についても措置義務化され、管理職のみならず同僚同士、…

  • ハラスメント予防対策

    ハラスメント予防対策

    昨今、ハラスメント問題は、ニュースなどで取り上げられないことがないほど、珍しくない現状となりました。このことは、いつ職場でハラ…

  • ハラスメント相談体制強化のためのサービス

    ハラスメント相談体制強化のためのサービス

    2017年1月から、マタハラやケアハラについても事業主に措置義務が課されることになりました。また、事業主が講ずべき措置には「その他のハ…

  • ハラスメント問題対応

    ハラスメント問題対応

    ハラスメント問題は、どれだけ予防に尽力していても、絶対に起きないとはいえません。万が一起きた場合に備え、その対応策を万全にしてお…

  • 女性活躍推進・ダイバーシティ対策の概要

    女性活躍推進・ダイバーシティ対策の概要

    今や企業の成長と発展に不可欠な要素となった、企業のダイバーシティ対策。その中心的な役割を担っているのが、女性活躍推進施策です。301…

  • 性的マイノリティ対策

    性的マイノリティ対策

    2017年1月1日より、性的マイノリティ(LGBT/SOGI)へのセクハラ発言も、措置義務が課されるようになりました。そのような中で…

  • コンプライアンス対策

    コンプライアンス対策

    2017年3月、消費者庁より「公益通報者保護法」ガイドラインが改正されました。企業の存続を脅かすコンプライアンス問題を早期に発見・解…

  • 社外相談窓口

    社外相談窓口

    どんな職場にもトラブル発生の可能性は潜んでおり、働く人たちの悩みはつきないものです。大ごとにしたくないという気持ちや雇用不安…

  • 講師派遣・カスタマイズ研修

    講師派遣・カスタマイズ研修

    長年ハラスメント問題を調査・研究し、1999年からセクシュアルハラスメント研修、2003年からパワーハラスメント研修を行ってきた長年…

  • その他サービス

    その他サービス

    当社のノウハウを生かした職場のハラスメント実態調査やヒアリング代行、また更生プログラムまで幅広くお客様をサポートいたします。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top