社外相談窓口

ハラスメント対策の重要性ハラスメント対策の3ステップ

ハラスメント対策の3ステップ

3000社以上のコンサルティング実績から、業界や企業特性に合わせたハラスメント総合コンサルティングを提供しています。

ステップ1

現状把握

ステップ2

調査結果分析・課題抽出

ステップ3

ハラスメント対策実施サポート

ハラスメント予防からハラスメント問題発生時の対応まで、企業の状況にあわせたコンサルティングサービス内容をアレンジします。職場環境やハラスメント対策の取り組み状況など、企業の現状をお聞かせいただいたうえで、職場調査などを実施し、課題を抽出、企業の状況・今後の方向性、経営方針に応じたハラスメント対策をご提案します。

導入へ向けたご相談と方向性のご提案

ステップ1

現状把握

ステップ1は現状を認識するフェーズです。まず「実態調査」を行い、自社の状況を把握します。
調査対象は大きく2つあります。「ハラスメント対策の取り組み状況の把握」(ハラスメント対策チェック)と、「職場の実態把握」です。
調査の形式は、アンケート・インタビュー・ヒアリングなどがあり、、職場状況に合わせて実施します。調査終了後、データの分析・結果報告を致します。 

  • ハラスメント対策チェック
  • トップ・部門責任者インタビュー・担当者インタビュー
  • インシデント事案ヒアリング
  • 職場アンケートの実施(調査設計~分析報告まで)/既存職場アンケートの分析報告
  • 職場視察・過去事例分析
  • 従業員ヒアリング など

ステップ2

調査結果分析・課題抽出

ステップ2は、現状認識に基づき、自社のこれからを見据え、課題となる事項を洗い出し、明確化します。何を課題とするかは、企業の組織風土や目指したい方向性などにより異なります。実質的な対策はここから始まると言っても過言ではありません。
ステップ1の現状把握フェーズをもとに、弊社コンサルタントが分析・診断を致します。職場担当者様と一緒に、課題抽出のためのワークショップを実施することも可能です。

  • 職場のハラスメント予防の課題抽出
  • 職場のハラスメント問題対応の課題抽出
  • 職場のハラスメント対策推進の課題抽出

ステップ3

ハラスメント対策実施サポート出

ステップ3は、企業としてのありたい姿を目指すフェーズです。
ステップ2で導き出された課題の改善施策をハラスメント対策として落とし込み、具体的に実施していきます。
私たちクオレ・シー・キューブは、ハラスメントフリー(R)な職場を目指す企業の前向きなハラスメント対策を、あらゆる方面からサポートし、人々が活き活きと働ける職場づくりを目指しています。

  • 総合ハラスメントコンサルティングのご提案
  • 社外相談窓口設置
  • 弊社開発教材の提供・貴社教材ツールの監修
  • セミナー/講演/研修の企画・コンテンツカスタマイズ・実施
  • ワークショップの企画・カスタマイズ・ファシリテーション
  • 行動変容プログラムの実施

ハラスメント関連情報はこちら

  • ハラスメント対策の重要性とは

    ハラスメント対策の重要性とは

    私たちがパワーハラスメントという言葉を考案・提唱し、社会に問題提起したのは、パワハラ(パワーハラスメント)に限らず、様々なハラスメント問題が企業の成長や発展の阻害要因になると考えたからです。

  • ハラスメント対策と企業の責任

    ハラスメント対策と企業の責任

    「セクハラ(セクシャルハラスメント)なんて、当人同士の個人的な問題だから会社は関係ない」「パワハラ被害を訴える奴はもともと気持ちが弱いんだから、援助する必要はない」という考えをもつ従業員が皆さんの企業や職場にいませんか? そのことがすでに大きなリスクです。

  • ハラスメント発生原因は何か

    ハラスメント発生原因は何か

    規模の大小や業種・業態に関わらず、職場ではハラスメント問題が発生する可能性があります。また、「セクハラはもうないがパワハラはある」ということもありません。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top