社外相談窓口

ハラスメント対策の重要性ハラスメント対策の3ステップ

ハラスメント対策の3ステップ

1000社以上のコンサルティング実績から、ハラスメント対策には3つのステップがあることがわかっています。

ハラスメント対策の3ステップ

ハラスメント対策の3ステップ

認知期

ハラスメント対策の初期段階です。自社にどのようなハラスメント問題が潜んでいるか、どこから手を付ければいいのかがわからない状況です。この段階ではまず「実態調査」を行い、ハラスメント問題を包括的に受け付ける相談窓口の設置と告知、トップ層によるハラスメント撲滅に向けた宣言、規定やガイドラインの作成と周知が必要です。

認知期

撲滅期

「相談窓口は設置したものの相談が入らない」「全社員に教育研修したものの、ハラスメント事案が起こっている」という状況は、撲滅期に当たります。
一通りの施策は実行済みである一方、継続的なハラスメント予防活動として何が必要か悩んでいる段階といえます。
また、実際にハラスメント問題が起こってしまった場合、事実調査や懲戒処分などの対応で困っているケースも見受けられます。

この段階では、階層別研修(経営トップ層、管理職層、一般職・非正規社員層)や、相談窓口担当者のスキルアップ、さらなる実態調査の実施など、対策も職場の実情に合わせていく必要があります。

撲滅期

改善期

ハラスメント問題が減少しつつあり、「ハラスメントが起きない職場づくり」に向けて、一人ひとりがどのように行動すればよいかを考え、実行する段階です。長時間労働の是正や評価制度の見直しと合わせて、従業員一人ひとりが多様性を生かして能力を発揮できる「ハラスメントフリー®な職場づくり」の一員であることを自覚できるよう支援します。

弊社ハラスメント対策のスペシャリストが、企業規模や業種・業態だけでなく、これまで貴社で実施済みのハラスメント対策の取り組みを考慮しながら、貴社にマッチしたコンサルティングをいたします。

改善期

ハラスメント関連情報はこちら

  • ハラスメント対策の重要性とは

    ハラスメント対策の重要性とは

    私たちがパワーハラスメントという言葉を考案・提唱し、社会に問題提起したのは、パワハラ(パワーハラスメント)に限らず、様々なハラスメント問題が企業の成長や発展の阻害要因になると考えたからです。

  • ハラスメント対策と企業の責任

    ハラスメント対策と企業の責任

    「セクハラ(セクシャルハラスメント)なんて、当人同士の個人的な問題だから会社は関係ない」「パワハラ被害を訴える奴はもともと気持ちが弱いんだから、援助する必要はない」という考えをもつ従業員が皆さんの企業や職場にいませんか? そのことがすでに大きなリスクです。

  • なぜハラスメントは発生するのか

    なぜハラスメントは発生するのか

    規模の大小や業種・業態に関わらず、職場ではハラスメント問題が発生する可能性があります。また、「セクハラはもうないがパワハラは問題がある」というここともありません。

  • ハラスメント対策の3ステップ

    ハラスメント対策の3ステップ

    1000社以上のコンサルティング実績から、ハラスメント対策には3つのステップがあることがわかっています。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top