社外相談窓口

ハラスメントの予防と対策サービスハラスメント予防対策

ハラスメント予防対策の概要

昨今、ハラスメント問題は、ニュースなどで取り上げられないことがないほど、珍しくない現状となりました。このことは、いつ職場でハラスメント問題が発生してもおかしくない、とも言えます。

職場のハラスメントは企業の成長を阻む要因です。ハラスメントのない職場づくりが企業の成長を促進します

  • ハラスメント予防のためには、まず現状把握から

    「ハラスメントの訴えはないものの、実際はどうなのか」「ハラスメント被害の訴えがあり、他にもないか心配だ」など、弊社には様々なご相談が寄せられます。
    一方で、漫然と「あなたの職場にハラスメント問題がありますか?」等のアンケート調査を行っても、従業員が率直に記入してくれるものか疑問が残るケースもあります。
    効果的に実態把握をすることで、その先にどのような施策が必要なのかを浮き彫りにすることができます。大きなハラスメント問題に発展する前に、適切に実態調査などの現状把握を行い、ハラスメントの芽を摘みとる、ハラスメント防止のための作業が不可欠です。
    アンケートや組織診断、ヒアリングを通しての実態把握

  • トップのメッセージで企業の本気度がわかる

    ハラスメント対策を組織的に進めるうえで、経営トップ層からのメッセージは大変重要です。自社がハラスメント対策を進める理由や本気度がトップ層の言葉として伝わることで、現場でも真剣にハラスメント防止に取り組まなければならない、という強い動機づけにつながります。
    また、そのためには自社においてハラスメント防止規定がどのようになっているのか、規定の整備やガイドラインの策定が不可欠です。自社では何がハラスメントに該当するのか、もし問題が起こった場合には、どのような態勢で問題解決にあたるのか、広く周知することも重要です。
    ハラスメント防止規定ダウンロード

  • まずは広く周知、啓発を

    これまで会社として研修や周知などのハラスメント対策を講じたことがないという場合は、全社員に広く基礎的な情報提供を行うことが肝要です。 一方で、事業所などで集合研修の実施が難しい場合や、異動等で人の入れ替わりが頻繁にある業種などでは、周知が行き届かないケースもあるでしょう。 そのような状況であっても、ハラスメント対策を講ずる責任が企業にあります。それぞれの職場に適した教材を使うなど、継続的にハラスメント防止の周知啓発を行うことが大切です。 ガイドブック、小冊子、ビデオ教材、eラーニングページへ

ハラスメント予防対策により得られるつの成果

  • 1.
    体制確立
    社内のハラスメント相談窓口体制の確立
  • クオレ・シー・キューブ5つの成果
    5つの成果
  • 2.
    危機感の共有
    ハラスメントが起きた時のリスクを共有
  • 3.
    基礎知識の理解
    ハラスメントが職場にもたらす弊害を学習
  • 4.
    能力発揮
    多様な個人の能力発揮
  • 5.
    企業の成長
    企業の健全な運営と成長のためのハラスメント対策推進

クオレのつの特徴

  • 1.カスタマイズ提案

    職場の状況やご要望に応じて、お客様独自のカスタマイズプランをご提案

  • 2.豊富な経験と実績

    年間約750件の研修実績とのべ3000社以上のコンサルティング実績

  • 3.ハラスメント対策の第一人者

    パワハラ(パワーハラスメント)という言葉の発案・定義して以来、ハラスメント対策のパイオニアとして多種多様な業種、業態の状況を熟知

  • 4.中立的な視点

    被害者と企業のどちらかに偏ることなく、中立的な視点で企業と従業員が共に成長できるためのアプローチを実行

  • 5.専門家集団

    企業経験がある産業カウンセラー有資格者が相談員。経験豊富な講師陣。弁護士、社労士と連携

  • 6.高い評価と信頼

    大企業から中小企業、行政などからのリピートオーダー多数。厚労省委員等にも度々就任

ハラスメント予防は、なぜ必要?

ハラスメント予防が必要だと言われても、表立って問題になっていなかったり、ハラスメントの行為者が優秀であったりするケースも多く、問題になるまでは手付かずになってしまいがちです。

昨今、パワハラやセクハラ(セクシャルハラスメント)、マタハラ問題などが頻繁にニュースで取り上げられています。企業は日ごろから、ハラスメント問題は社会的信頼の失墜、ブランド力の低下、売り上げの低迷などと背中合わせである、という危機感をもってハラスメントの予防対策に取り組むことが重要です。

いつ起きてもおかしくはなく、しかも、起きてからでは遅いのです。その社会的ダメージは計り知れません。

ハラスメント予防をしていないとこんなリスクがあります!

  • 対応の遅れにより、被害者が自殺、遺族から提訴され訴訟問題に
  • 社会的な信頼を失い、優秀な人材が流出
  • お取引先からも契約解除が相次ぎビジネス存続が不可能に
ハラスメント予防をしていないとこんなリスクがあります!

ハラスメント予防が必要なワケ

  • 企業の成長と発展
  • 企業リスク管理
  • メンタル問題予防
ハラスメント予防が必要なワケ

ハラスメントの背景となるもの

  • 個の尊厳否定
  • 多様性の否定
  • 能力・成長の否定
ハラスメントの背景となるもの

求められる対策

ハラスメント問題はいつ、どの職場で起きてもおかしくないのが現状です。

ハラスメント予防を怠ると・・・

  • 社員の働く意欲の低下
  • 優秀な人材の流出
  • 労働紛争・不正・事故
  • 社会からの信頼失墜
  • 生産性の低下
  • 人材確保の難航
企業リスク

このように、ハラスメントは企業にとって重要な問題をはらんでいます。企業におけるハラスメント対策はセクハラ・マタハラを除き、現状法律等で義務化されていない状況ですが、健全な企業運営と成長のためには、欠かすことのできない責務であるといえるでしょう。

ハラスメント予防は専門家にお任せください

ハラスメントの専門知識がないと・・・・・・

  • 対応の不備
    企業としてとるべき対策に漏れが生じる
  • 形骸化
    「とりあえず」の形だけの予防に陥る
  • 一般常識からの逸脱
    職場では当たり前の言動が実はハラスメントに当たるなど、自社スタンダードに慣れてしまって社会一般の尺度で考えられない

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

他のサービスはこちら

  • セクハラ対策

    セクハラ対策

    男女雇用機会均等法が施行されて以来、セクハラ(セクシャルハラスメント)に関する知識は教育研修等でかなり浸透していると思われますが…

  • パワーハラスメント対策

    パワーハラスメント対策

    2001年にパワーハラスメントということばを弊社が考案し提唱して以来、その概念が日常に浸透する一方で、パワハラ(パワーハラスメント)…

  • マタハラ・ケアハラ対策

    マタハラ・ケアハラ対策

    2017年の法改正により、マタニティハラスメント、およびケアハラスメントの防止についても措置義務化され、管理職のみならず同僚同士、…

  • ハラスメント予防対策

    ハラスメント予防対策

    昨今、ハラスメント問題は、ニュースなどで取り上げられないことがないほど、珍しくない現状となりました。このことは、いつ職場でハラ…

  • ハラスメント相談体制強化のためのサービス

    ハラスメント相談体制強化のためのサービス

    2017年1月から、マタハラやケアハラについても事業主に措置義務が課されることになりました。また、事業主が講ずべき措置には「その他のハ…

  • ハラスメント問題対応

    ハラスメント問題対応

    ハラスメント問題は、どれだけ予防に尽力していても、絶対に起きないとはいえません。万が一起きた場合に備え、その対応策を万全にしてお…

  • 女性活躍推進・ダイバーシティ対策の概要

    女性活躍推進・ダイバーシティ対策の概要

    今や企業の成長と発展に不可欠な要素となった、企業のダイバーシティ対策。その中心的な役割を担っているのが、女性活躍推進施策です。301…

  • 性的マイノリティ対策

    性的マイノリティ対策

    2017年1月1日より、性的マイノリティ(LGBT/SOGI)へのセクハラ発言も、措置義務が課されるようになりました。そのような中で…

  • コンプライアンス対策

    コンプライアンス対策

    2017年3月、消費者庁より「公益通報者保護法」ガイドラインが改正されました。企業の存続を脅かすコンプライアンス問題を早期に発見・解…

  • 社外相談窓口

    社外相談窓口

    どんな職場にもトラブル発生の可能性は潜んでおり、働く人たちの悩みはつきないものです。大ごとにしたくないという気持ちや雇用不安…

  • 講師派遣・カスタマイズ研修

    講師派遣・カスタマイズ研修

    長年ハラスメント問題を調査・研究し、1999年からセクシュアルハラスメント研修、2003年からパワーハラスメント研修を行ってきた長年…

  • その他サービス

    その他サービス

    当社のノウハウを生かした職場のハラスメント実態調査やヒアリング代行、また更生プログラムまで幅広くお客様をサポートいたします。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top