社外相談窓口

ソリューションハラスメント問題が起きてしまったがどうすればよいか

ハラスメント問題が起きてしまったがどうすればよいか

事実確認のやり方を間違えると、かえって大きな問題に

法律で措置義務が課されているセクハラ(セクシャルハラスメント)やマタハラ等は、事業主が講ずべき措置として「問題が起こった際には、事実関係を迅速かつ正確に把握」して「行為者及び被害者に適切な措置を行う」ことが求められています。法的措置はないものの、パワハラ(パワーハラスメント)も同様の対応が望ましく、迅速で適切な対応が求められます。
一方で、本人の意思を確認しないままに事実確認や処分を行ってしまった結果裁判に発展したり、事実調査の段階で行為者を犯人扱いてしまったりするなど、かえって大きな問題に発展することもあります。

事実確認のやり方を間違えると、かえって大きな問題に

中立・公正な立場での事実確認を

ハラスメント問題の相談を希望している場合は、可能な限り早く面談を行います。企業によっては当日~翌日のうちに面談を行うことをルール化しているケースもあり、たとえ窓口担当者の業務が忙しくても、相談対応を最優先にする必要があります。
その上で、本人がどのような問題解決を望んでいるのか十分に確認し、行為者とされる人や第三者へ事実調査を行うかを判断します。行為者への事実確認は、とかく犯人扱いをしがちなので注意が必要です。
被害を受けた相談者自身が事実調査を望まなかったり、調査をしなくても全般的な周囲の注意喚起や周知によって解決する可能性が高いと判断した場合には、教育研修の実施で対応することもあります。

短期間に多数の事実調査が必要な際は、第三者機関によるヒアリングが迅速です

ハラスメント問題は、複数の事案が複雑に絡まって起こることも珍しくなく、関係者が多数存在する場合もあります。そうなると、事実調査の整理に膨大な時間がかかったり、中立的立場での調査が困難になる等、社内だけで事実調査を進めることが難しいケースも出てきます。
弊社の「ヒアリング代行サービス」では、社内の状況をお聞きした上で、被害を受けた相談者や行為者に対するヒアリングと、報告書の作成を行っています。

パワハラ行為者の再出発を支援することも重要

パワハラは、その行為が事実として認められた場合、行為者に反省を促し、パワハラに該当するような言動を改めてもらいたい、という要望が多数寄せられます。それは、行為者とはいえ、適切に能力発揮をすれば企業の戦力になる優秀な方も少なくないからです。弊社では「行動変容プログラム」により、個別カウンセリングの手法で行為者自身に気づきを促し、周囲との健全な関係づくりにつながるよう、支援しています。

ハラスメント問題への真摯な対応は、日ごろのマインドの醸成から

ハラスメント問題が起きた時、企業は、被害者のみならず、行為者、従業員、取引先、お客様すべての関係者に、真摯に対応しなければなりません。これはつまり、日ごろから企業文化・コーポレートブランドを育て、継承するマインドが求められているということです。それがハラスメント問題を抑止し、企業の成長を促し、万一ハラスメント問題が起きても、その対応に広く理解が得られることへとつながります。

ハラスメント問題への真摯な対応は、日ごろのマインドの醸成から

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

他のサービスはこちら

  • ハラスメント防止について経営層に関わってもらうためにはどうしたらよいか

    ハラスメント防止について経営層に関わってもらうためにはどうしたらよいか

    ハラスメント対策は、ハラスメントが経営にもたらす悪影響を、職場で最もパワーを有しているトップ層が理解することなしには、効果のある対策はできません。 なぜなら、パワハラ(パワーハラスメント)発言を繰り返す役員がいる場合、いくらその下の階層に研修を繰り返したとしても、会社が本気でパワハラ防止に取り組んでいるとは受け取られず、社員の行動にいい変化を与えることもできないからです。

  • ハラスメント防止研修の優先順位をどうすればよいか

    ハラスメント防止研修の優先順位をどうすればよいか

    ハラスメント防止研修は、職位に関係なく広く従業員に周知啓発する必要がありますが、職場の状況や研修テーマによって対象者をどの範囲に定めるかは異なってきます。また、繁忙シーズンが必ずしも部署間で一致しないなど、研修開催のタイミングも調整が必要です。

  • ハラスメント問題が起きてしまったがどうすればよいか

    ハラスメント問題が起きてしまったがどうすればよいか

    法律で措置義務が課されているセクハラ(セクシャルハラスメント)やマタハラ等は、事業主が講ずべき措置として「問題が起こった際には、事実関係を迅速かつ正確に把握」して「行為者及び被害者に適切な措置を行う」ことが求められています。法的措置はないものの、パワハラも同様の対応が望ましく、迅速で適切な対応が求められます。一方で、本人の意思を確認しないままに事実確認や処分を行ってしまった結果裁判に発展したり、事実調査の段階で行為者を犯人扱いてしまったりするなど、かえって大きな問題に発展することもあります。

  • 社内相談窓口の認知度が低いせいか、相談がなかなか入らない

    社内相談窓口の認知度が低いせいか、相談がなかなか入らない

    被害者が相談窓口を利用しない主な理由は、「どうせ会社に相談しても解決しないのではないか」「自分にも責任があるなどと責められるのではないか」「自分が異動させられたりしないか」「勝手に調査を進めてしまうのではないか」等の不安や疑問が主な原因です。(厚労省のデータあるはず要確認) これらの「不安のハードル」は窓口担当者が考える以上に高いものです。

  • 新たにハラスメント対策担当者になったのだが、何から手をつければよいか

    新たにハラスメント対策担当者になったのだが、何から手をつければよいか

    社内では定期異動があるため、ハラスメント対策担当者にある日突然任命されて、「前任者との引継ぎが十分でなく、何をどうすればよいかわからない」と途方に暮れてしまうご担当者からのお問い合わせを、多数いただきます。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top