ハラスメントの予防と対策サービスハラスメントアンケート調査

ハラスメントアンケート調査

組織環境の実態把握をすることは、ハラスメント対策の基本方針を決定するために大変有効です。現場の生の声を、アンケート調査によりしっかりと施策に結びつけることで、画一的ではない、それぞれの企業組織にマッチしたハラスメント対策が可能になります。また、会社としての真摯な取り組み姿勢を、従業員にアピールすることができます。

職場アンケートの目的

ハラスメントに関する職場環境の現状把握(定点観測)

意識ギャップや、職場状況の分析をふまえ、より効果的なハラスメント防止策の検討が可能になります。定期的に組織環境を調査することで、施策の効果や自社の問題発生傾向を把握します。

こうした課題をお持ちの企業様にお勧めしています。

  • 従業員がハラスメント、メンタルヘルスについて深刻な問題を抱え込んでいないか心配だ。
  • ハラスメント対策に取り組む必要性を、社内(経営層や管理職層など)で再確認したい。
  • ハラスメント問題発生の原因となるような状況がないか調査し組織傾向をつかみたい。

ハラスメント発生の実態把握

セクハラやパワハラの「発生傾向」を属性別に把握し集団分析することにより、課題を可視化し具体策を講じることができます。具体的な問題発生が想定できる場合は、質問項目を調整し調査することで実態に近づきます。

更に、実態を明らかにするためには、問題となる集団メンバーに対するヒアリング面談を実施します。

こうした課題をお持ちの企業様にお勧めしています。

  • 単なる現状把握ではなく、一歩踏み込んで職員層ごとに効果的なハラスメント防止策を検討していきたい。
  • 離職率が上昇したり健康不調者が増えるなど、放置するリスクがうかがえるものの、組織環境の実態が見えてこない。
  • ストレスチェック後の集団分析の結果、一部に問題がうかがえるため、更にテーマを絞った調査を実施したい。

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 10:00-17:00

フォームからのお問い合わせ

他のサービスはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5273-2300

平日受付時間 10:00-17:00

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求