ハラスメントの予防と対策サービスパワハラ行為者(加害者)行動変容プログラム

パワハラ行為者(加害者)行動変容プログラム

本サービスの位置づけ

私たちクオレ・シー・キューブは、ハラスメントフリー(R)な職場を目指す企業の前向きなハラスメント対策を、あらゆる方面からサポートしています。

本「パワハラ行為者(加害者)行動変容プログラム」は、ハラスメント対策支援サービスのひとつです。

ハラスメント対策のフロー

弊社は、ハラスメント予防からハラスメント問題発生時の対応まで、企業の状況にあわせたコンサルティングサービス内容をアレンジしており、職場環境やハラスメント対策の取り組み状況など、企業の現状をお聞かせいただいたうえで、職場調査などを実施し、課題を抽出、企業の状況・今後の方向性に応じたハラスメント対策をご提案しています。

課題と解決

本プログラムを導入されるにあたって、企業のご担当者はさまざまな課題に直面され、対応を迫られています。

課題例

  • 社内窓口にパワハラ行為者(加害者)に関して通報があった。
  • パワハラ行為をした社員(パワハラ加害者)について、社内調査、面談、懲罰委員会を開催し、処分(有無)が決定した。
  • ある社員の360度評価の結果が悪かった。
  • ある社員について、職場での悪しき評判・噂が聞こえてきた。
  • 上司から部下の「問題」について相談された。
                      …など

※これらの課題は、対応を放置すれば“被害”は増大し、処分・解雇、職場の人間関係の悪化、健康被害、士気・業績の低下、会社への信頼喪失といった職場環境の劣化につながるリスクをはらんでいます。

解決への流れ

そこで、本プログラムを導入することにより、以下のような解決への流れが想定されます。

  • パワハラ行為をした本人(パワハラ加害者)へ「ことの重大性」の意識づけ
  • 「このままではいけない」、「自分が何とかしないといけない」など、パワハラ行為をした本人(パワハラ加害者)の気づき・自覚を促進
  • 「どうすれば言動の改善につながるか」の具体策をパワハラ行為者(加害者)が自ら考案
  • パワハラ行為をした本人(パワハラ加害者)が考案した具体策を職場で実行し、再発防止・職場環境の改善を図る

※プログラムの詳細な内容は、参加者自身の職場状況を考慮いたします。これらすべての実施をお約束するものではありません。

プログラム参加後の変化例

プログラムに参加された方からは、これまでに以下のような行動変容・気づき・自覚がありました。

  • 「間」をとる、声のトーンを落とす、ゆっくりしゃべる、など意識し気をつけるようになった
  • 自然に相手と目を合わせるようになった
  • 自分が正しい、と考えるのではなく、相手の意見を肯定的に聞くことが大切
  • 昔の部下指導が通用するわけではない。世の中の動きについていけていなかったことが分かった
  • キャリアの活かし方、伸ばし方について考える機会にもなった
  • 思い通りにならない部下につねにイライラしていたが、その感情にやっと気づいた
  • 誰も助けてくれない悲壮感があったが、周囲にSOSを出して良い、と気づいて救われた
  • 365日、つねに緊張の糸が緩むことがなかったので、週末、体を動かすことで発散している

パワハラ行為者(パワハラ加害者)向けに

“パワハラ行為者”といわれる人たちは、たいていの場合、問題認識に乏しく、会社の対応に不満を抱いているということが挙げられます。そのため懲戒処分や厳重注意をしただけでは、問題行動の改善につながらないばかりか、不信感が生じて能力発揮を損ねかねません。パワハラ行為者の特徴として、仕事熱心で能力が高い人材が多いことから、「罰すべき点は罰する」ということを大前提として再スタートの機会を与えることも重要です。

新たなマネジメント研修をお探しのときに

経営層や管理職になると、他者に指摘されることもなくなり自分のマネジメントスタイルを見直す機会も減っていきます。パワハラ加害者になってしまう前に、パワハラを防止し、生産性の高いチームマネジメントを実現するために、これまでのマネジメント研修とは異なる切口で、前向きなプログラムとして導入することも一案です。

プログラムの特徴

本プログラムでは、パワハラ問題を熟知したベテランファシリテーターが参加者であるパワハラ行為者(加害者)の心理・自覚・特徴を受け止め、問題行動に至った心理的背景や情報を客観的に把握することにより、本人の行動変革への動機づけが可能になります。参加者であるパワハラ行為者(加害者)本人の特徴・状況に合わせて対応し、行動変容の3つのアプローチ(考え、気持ち、行動)を柔軟に適用しながら、自然に行動変容へ導きます

プログラムの進め方

  1. パワハラ行為者(加害者)の上司、担当者との事前打ち合わせ
  2. パワハラ行為者(加害者)本人のプログラム参加 計3回
  3. パワハラ行為者(加害者)の上司、担当者への報告、他

プログラムの進め方

参加者の感想 / 担当者の感想

参加者

  • これまで業務でいろいろなセミナーを受けたが、ここまで自分自身を見つめるプログラムは初めてでとても役立った
  • ロール・プレイで部下との対話の映像を見せられ、自分はこんな風に部下に接していたのかとぞっとした
  • 会社では弱みを見せず頑張っているが、ここでは本音で話せるので心理的にとても楽になった
  • こんなに人に話を聴いてもらった体験はこれまでなかった
  • 内なるものを吐き出しじっくり聞いてもらうことで、自分について考えることができた

担当者

  • 報告を聞いて、参加者(パワハラ加害者)の変化のプロセスが見えるようで大変興味深かった
  • プログラム参加後の本人(パワハラ加害者)の周囲への対応がまったく変わって驚いた
  • 自分と向き合うチャンスはすべての経営層に必要だと思う
  • プログラムの説明を聞いて、できれば自分も受けてみたいと思った
  • 研修終了後の社内での対応の仕方について指導やアドバイスがもらえるので、大変助かっている

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 10:00-17:00

フォームからのお問い合わせ

他のサービスはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5273-2300

平日受付時間 10:00-17:00

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求