社外相談窓口

ハラスメント相談の現場からVol.37 「頑張り」の対極は?

Vol.37 「頑張り」の対極は?

私たちの言動を突き動かす原動力となっている「ドライバー」※についての第四弾、今回は「努力せよ」の話です。

某電機メーカー管理部長Z氏(40代)は入社以来30年、文字通り仕事一筋、真面目に、勤勉に職責を全うしてきました。座右の銘は『努力は裏切らない』。部下と飲みに行くと、必ず口をついて出るのは、「手を抜くんじゃないぞ」、「怠けるなよ」という台詞。昨年からZ氏の下で働いているY氏(30代)は要領が良く、サクサクと手早く仕事を済ませると、保育園に通う長女の迎えのため週に2日は定時に退社します。Y氏の共働きの家庭事情について、もちろんZ氏は事前に知らされていますが、残業している同僚たちを尻目に「お先に失礼します」と、そそくさと退社するY氏を目にすると、内心面白くありません。実際、Y氏はルーチンはもちろん、突発的な業務もうまく段取りをつけソツなくこなしているため、Z氏も文句の付けようはないのですが…。Z氏のY氏への不満は、「仕事への向き合い方が物足りない」ことでした。

Z氏はドライバーチェックリストの結果は、予想にたがわず「努力せよ」が高得点でした。このドライバーが高い人は、「結果も大切だが、頑張っていること自体が重要である」という考えが強く、自分が頑張る分、周囲にも「頑張り」を強要してしまいがちです。そして、その「頑張り」はZ氏流に「定義」されているため、Y氏の「頑張り」(短時間でも仕事の質を落とさず、家庭と両立させる)は、Z氏の「定義」には入らないのでしょう。また、「努力せよ」が行き過ぎると、仕事の効率化の妨げや新しい取り組みや考え方の排除につながり、業務の停滞を招いて、過重労働の温床ともなりかねません。
努力することの対極は、怠けることではなく、力を抜く、つまりリラックスすることなのです。

その他記事

お電話でのお問い合わせ

平日受付時間 9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

top